Room No.146 ”モンブラン146モデルの多彩なバリエーション”
▶ 50年代146ファーストイヤーモデル<その7>

今日は1949モデルの内部メカ。
ご存知テレスコピックピストン。
b0215343_224473.jpg

コルク部分をよく見てほしい。
b0215343_2251378.jpg

通常は2枚の凹面状のワッシャープレートはないが
大径コルクを使用する”149”には時々見られる。
b0215343_2253632.jpg

ナットを締めつけるとコルクが締め付け力(軸力)によって
座屈しへたるため緩まないように面圧を下げているのだ。
”146”サイズ程度ではそれほど効果がなかったのか
すぐに廃止されたようだ。
[PR]
by pencluster | 2011-08-07 22:06 | Room N0. 146
<< Room No.146  ”ち... Room No.146 ”モン... >>



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧