<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Room No.146 ”モンブラン146モデルの多彩なバリエーション”
▶ 珍奇なる50年代146の尻軸
お久しぶりでごいます。
しばらく惚けておりまして、ブログをお休みしておりました。
今日は、また、50年代の146に戻ります。
以前お話していましたが、この時期のモンブランは
内部パーツに柄物のセルロイドを使っていることがありました。
こんな風に。これは149のキャップです。
b0215343_2074757.jpg

以前はこんなものもありました。

今回は、これ!
b0215343_20123025.jpg

なんと尻軸の先端からグレー縞が覗いている!
表面もパール粉が浮いている・・・。

ハンブルグの工場ではこんな会話が聞こえてきそうだ。
「マイスター!尻軸のブラック在庫が後10個で切れそうでーす!」
「なにぃ?だからトヨタのカンバン方式取り入れろって工場長にいったんだ!どうすんだ!」
「グレーならまだ在庫あるんでこうしたらどうっすか?」
「どうすんだ、ツヴェルグ?」
「バレルに塗ってる黒のメルト・セルロイドで塗っちまいますか?上から刻印打てばばれないっすよ」
「ほんとか?そうだな!ライン止めるよりはましだな!」
「はい、マイスター!やりまーす!バレルのラインに放り込んできます」
「ほんとに大丈夫か?ペンクラスターの親父にばれないか?」
「大丈夫ですよ、そんな先のことはどうでもいいんです。」
「それもそうだな!よし!よくやった!ほんとだわかんねぇな!」



しかし、ばれてしまった。刻印が上から打ってあるので
塗った後に刻印を打ったことが伺える。
もしかしたら、交換パーツ対応だったかもしれない。
いずれにしても珍奇な。。。
こちらの146です。
[PR]
by pencluster | 2011-09-09 10:31 | Room N0. 146



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧