<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
モデルNo.1252
今年の3月ケルンショー仕入での出来事。


いつものようにハンブルグのアニキのアパートでパーツの山を物色していると


252のキャップが出てきた。


これまたいつものようにクラックを探す。


クラックの無いキャップをさがすのは大変なのだ。


「お、きれいなキャップ・・・いただきまーす」


ドイツのカンパニーロゴがあるが渋い。

b0215343_12501850.jpg


その近くに軸も転がっているがねじが切ってある。


モンテローザの軸だろうな。「ん?ずいぶん濃いブルーのウィンドウだなぁ。」

b0215343_12511042.jpg


そう思って何気なくさっきのキャップを差し込むとするすると締まっていく・・・。

b0215343_12542665.jpg


「なんで252のキャップが入るんだ?!」


キャップをもう一度良く見ると・・・リングには”252”のまえになにやら文字が・・・・。


”1”・・・だ。


「”1252”!なんなんだこれは!キャップにネジが切ってある!!」

b0215343_12581124.jpg


さらに周辺に散らばっている部品を組み立てていくと”勘合”タイプでは無い、


”ネジ式”の”252”が出来上がった。


”1252”・・・はネジ式の”252”だったのだ。


しかもちゃんとキャップリングに刻印がある。


首軸の形もストレートで”252”と違う。


インクウィンドウも濃いブルー!


あの”146”の60sプロトタイプと同じだ。


もしかしたらこれらは同時期に生産されたのかも知れない。


あるいはこの企業向け専用モデルなのか?


友人にこれはなんだと尋ねてみると、


「Very rare・・・」としか言わない。


何とも謎の多いモデルだが極めて珍しいモデルには違いない。


b0215343_12561279.jpg

[PR]
by pencluster | 2012-08-08 13:02 | Room N0. 146



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧