<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
シルバー合金のはなし
さてこれはなんでしょう?

b0215343_12471681.jpg

イリジウム合金かと思った方はよほどの通。

実はこれは私の差し歯。今日根元からとれてしまいました。

普通こう言う歯科材料は銀か金の合金で出来ている。

良く用いられるのは

金(Au)、白金(Pt)、チタン(Ti)、パラジウム(Pd)、銀(Ag) など。

良く見るとペン先の材料にも使われている物ばかりだ。

私の歯はたぶん銀とパラジウムの合金。

ただ、同じ銀歯でも非常にたくさんの種類の合金が有り、

スズや亜鉛、インジウムなども配合されている。

人によっては金属アレルギーになることがあるので

歯を治療したあと具合が悪くなったような場合はアレルギー検査をした方が良い。

これらとほぼ同じ材料が、戦時中ドイツのモンブランやペリカン、ゾェーネケン

など主要メーカーが使用していた。銀パラとよばれる銀75:パラジウム25の合金である。

ナチスの統制下で金や金属の使用が制限されて時代。

当時のペンの材料は最も高いグレードのもので18k、次に14k、その次にこの銀パラ合金。

ミディアムクラスと思いきや、どのブランドもマイスターシュテュックやプレジデントなど

トップラインに使うことが多かった。

これはモンブランの銀パラニブ。Mマークの下に”P"の刻印で識別できる。

b0215343_13173738.jpg


良くプラチナという説明をされることもあるが実際はパラジウムの”P”である。

プラチナは当時からレアメタルでペンなどには使うのは一般的でなかった。

これは、ゾェーネケン・プレジデント1の”Pargo”ニブ。銀パラ合金の商標らしい。

b0215343_1381924.jpg


割としなやかなものが多く魅力的なペンである。

ただ、金よりは腐食しやすいのでクリーニングなどお手入れはまめにした方が良いだろう。

このペンは今、テレビドラマで出演者が演じる小道具になっている。
[PR]
by pencluster | 2014-01-24 13:58 | Room N0. 146
こんな146
60年代146は公には生産の記録がないが
プロトタイプにしては数が多い。
これはその70年代に作られたシルキーフィニッシュの
クラシックラインのような60s146。
渋い・・・。
b0215343_20545578.jpg

[PR]
by pencluster | 2014-01-03 20:56 | Room N0. 146
あけましておめでとうございます
b0215343_1650159.jpg
あけましておめでとうございます。
昨年も多くのお客様とのであいがあり幸せでした。
本年もよろしくお願いいたします。
ことしは当社のオリジナル万年筆を販売できるよう
準備を進めて参ります。
また、ヴィンテージにつきましてもモンブラン、ペリカンを中心に
程度の良い物だけを厳選しご提供させて頂きたいと思います。
ブログも身近なことから、マニアックなことまでお話しできたらと思います。
お店の近所のグルメ情報とか。。。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by pencluster | 2014-01-01 16:51 | Room N0. 146



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧