<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ペンポイント (その2)
b0215343_21491653.jpg
溶着に行く前に、ペンポイントのチップの大きさのバリエーションを少し紹介しましょう。

だいたい、大きさとしては0.3mmから1.8mmくらいまでが普通。

昔は、EFには0.5mm以下のチップを溶着したりする会社もあったようだが

ほとんどは狙いのニブサイズより大きなものを溶着して削り出していくことが多い。

小さいほど溶着とそのあとの切り割りが非常に難しい。

ニブになってからの研磨も難しくなる。

また、大量生産で多くの材料を必要とする場合は小さい方が100g当たりの単価が

高くなるので、今では殆どのメーカーが1mm弱のチップから削り出す。

当社も生産数が少なく手作業に近い生産手法なのでので大きなものから削り出していくが

小さい玉のほうが組織がより緻密で硬いのだ。

よく、大きな字幅のものからEFに研ぎ出したりするチューニングが行われるが

大きなポイントほど内部に巣(空孔)が出来やすく質の悪い組織が表面に出てくるので

リスクも伴うことを忘れないでいただきたい。適材適所が基本である。
[PR]
by pencluster | 2014-10-20 21:50 | Going the Distance



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧