圧延上がりのブランク
金は非常に延性(切れずに伸びる性能)が非常に高く、

1gの金は0.005mmの径だと3000m伸びると言われている。

だからニブの地金を延ばすなど簡単と思わえるが実はそれは純金の話。

ペン先用のAu合金は強度(硬度)を上げるために銅や銀を配合している。

また、板にするまでには何度も圧延され非常に硬くなってしまう。

硬い=強度が高い=伸びない、と言うことになって伸ばして行くには

非常に多くの力と加工の技術が必要になる。

その為、我々の華奢な設備では18金といえども少しずつしかつぶせないため

一回のパス(圧延)では所定の厚みに圧延することは難しかった。

1日に何万個も作るのに適した製法ではあるが、裏を返せば

1パスにこだわる必要も無く、少しずつ薄くしていけば問題はないはず。

写真は出来上がったニブのブランク。

このあと、ペンの形に打ち抜かれていく。

b0215343_10586.jpg

[PR]
# by pencluster | 2014-07-27 10:05 | Going the Distance
地金の圧延風景
先に行く前に前にお話しした圧延の動画をご覧に入れよう。

圧延というと凄い設備を想像しがちですが、多品種少量生産には

このくらいが丁度良い。

動力は大型旋盤から取ってますが手動でもできます。

今の作り方は1日何万本も万年筆を作っていた時代のもの。

そんなに売れない昨今では過剰設備。

だから少量の限定品が高くなる。

でも我々のは少量でも大量でも高いのがたまにきず。




[PR]
# by pencluster | 2014-07-23 14:38 | Going the Distance
ニブのデザイン(その4)
断面の形が決まったら今度は穂先の形状検討。

これだけの種類の穂先デザインして一つ決める。

ハンドで削り出せないことは無いが

たくさん作るのはしんどいのでトリミング型を起こします。

型を作ってしまうと一形状だけになってしまうが

お客さんの要望で鋭角にするのは自由自在。

鈍角は出来ないが・・・。

b0215343_00085746.jpg
実際に作った形状見本がこれ。

b0215343_00110452.jpg
次はトリミング型をご覧に入れようかな。




[PR]
# by pencluster | 2014-07-20 00:12 | Going the Distance
ニブのデザイン(その3)
モンブランNo.12の形状を3Dトレースする。

結局この作業はあまり意味が無かったが、

先端に行くほど断面がフラットになっていくのがよく分かる。

のちのちこれが非常に製作困難な壁にぶつかることになる。

このペンが出来たのは1920年代。

CAD/CAMはおろか電子計算機もない時代。

今でもこの曲面を手作業で出すのは至難の業。

この形状でさえ困難なのに更に板厚を変化させなければならない。

簡単なようでかなり高度な加工技術を要する。

そえでもまだこのNo.12 はセフティ用なのでエラの張り出しが少ない。

まだ簡単な方なのである。
b0215343_21130193.jpg
[PR]
# by pencluster | 2014-07-17 21:18 | Going the Distance
ニブのデザイン(その2)
ニブサイズはとにかく4,5種類は揃えたいが、小さな会社ではそうもいかないのが悩み。

しかし、よそで簡単にできそうなものもどうかと思い、

思い切って決断したのが、このサイズ。

1920年代のモンブランNo.12(トゥエルブ)。

モンブランのセフティフィラーの中でも最も大きいサイズ。

コンディションの良い物は百数十万はする。

なぜこれにしたかと言えば種々理由があるがここでは詳しくお話しできない。

まず、参考資料とするニブが手元に必要である。

うちには無いのでハンブルグの友人に説明し、借りることにした。

2年以上も前のことだ。すでに開発をスタートして2年が経過してしまった。

これから、その道程を書いていくことにしよう。

高価なニブを貸してくれた友に感謝する。

b0215343_00085688.jpg
同じNo.12ニブでも刻印にこれだけの種類がある。

最も古いのは中央のものであろう。

b0215343_00114169.jpg
ボトム形状も丸形、台形色々ある。

セフティ用なので長さの割りにエラの張り出しは少ない。むしろ149のほうが大きいかも。

しかし、このサイズでエラを張らしてしまうとキャップとの干渉を避けなければならず

キャップを太くしなくてはならなくなる。

デザインも醜悪になるのでこの形を参考に図面を起こすことにした。







[PR]
# by pencluster | 2014-07-16 00:15 | Going the Distance



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧