Room No.146 ”モンブラン146モデルの多彩なバリエーション”
▶ 50年代146のキャップ廻りのバリエーション<その4>

キャップだけですでに4回目。146の部屋だから万田まだ続く。。。
今日はキャップリングだ。
ご覧のように、仕向地によって3連リング中央の刻印の言葉が違う。
b0215343_23274697.jpg

”MEISTERSTÜCK”と”MASTERPIECE"の2種類。
”MASTERPIECE"は主にアメリカ向けでその他英語圏
たとえばイギリスやインドにもこの”MASTERPIECE"が輸出されたようだ。
特にグリーン、グレーストライエイティッドに多い。
上の左側はペールグリーンタイプ。

こちらはファーストイヤーモデルとエンドモデルの比較。
微妙にフォントの形が異なるのがお分かりいただけるだろうか?
b0215343_2328450.jpg
b0215343_23282830.jpg

いやはや、奥が深いね146 50s!
[PR]
by pencluster | 2011-07-14 23:33 | Room N0. 146
<< Room No.146  ”ち... Room No.146 ”モン... >>



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧