50年代モンブラン146のレアなペン芯
「ツヴェルグ、これ見て見ろ」
 「何ですか?シュテュックさん、いつものフラットフィードですね?」
b0215343_1639594.jpg

「やっぱりおまえの目は節穴だな。。。そのドングリ眼を見て良く見て見ろ。でかい目を有効に使え」
 「そう言われてもですね・・・・」
「久しぶりの登場なんだ。更新しろってGinzaのオヤジがうるさいからやっと見つけたネタなんだ。おいおい!ルーペで見なくても分かるだろう」
 「あぁ、溝幅が違います!」
「やっと気づいたか!よぉし、おまえにも教えてやる。」
 「あ、ありがとうございます!でもシュテュック技師長、たぶんこれくらいに違いはもうみんな知ってるんじゃ?」
「んー?まぁ、そうかもな。まぁいいさ、こっちの右側のと比較してみろ」
b0215343_1640211.jpg

 「幅がまっすぐですね。段が無い。それに付け根の切り方も違います。なぜですか?」
「なぜって、そりゃぁおまえこっちの方が良いと思ったからさ。」
 「何がいいんですか?」
「溝が太いんだから、より多くのインクを含めるし、空気の流入抵抗も下げられるだろ?」
b0215343_16421551.jpg


 「それで、ひだりの細溝タイプはすぐ止めちゃったんですか?」
「まぁな。半年ぐらいで太いのに変えた」
 「で、効果上がりました?」
「何の?」
 「いや、ですからインクとか空気のとことか・・・」
「そりゃ、お前見た感じがちがうんだから当然よ」
 「どのくらい?」
「お前、ドイツ人なら日々進化しなけりゃ行けないことくらいわかるだろ?少しでも改善するのがあたりまえだろうが」
 「書いた感じは・・・確かにちがうか・・・」
「やっと分かるようになってきな。そう思う心が大事だぞ!」
 「・・・・・。」

<登場人物>
シュテュック技師長:モンブラン・ハンブルグ工場マイスター
ツヴェルグ    :モンブラン・ハンブルグ工場生産管理部班長

※この物語は登場製品以外すべてフィクションにて候 

<解説>
モデル136のペン芯を当初流用していたがその直後わずかな期間
生産されていたと思われるペン芯。
裏側の溝が細く段付きでないのが特徴。
インクが通る表側(ペンの裏側に当たる部分)の溝の幅も異なる。
b0215343_164538100.jpg

[PR]
by pencluster | 2012-03-12 16:49 | Room N0. 146
<< ツヴェルグ主任やっちまったか。... Room No.146 ”モン... >>



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧