ニブのデザイン(その2)
ニブサイズはとにかく4,5種類は揃えたいが、小さな会社ではそうもいかないのが悩み。

しかし、よそで簡単にできそうなものもどうかと思い、

思い切って決断したのが、このサイズ。

1920年代のモンブランNo.12(トゥエルブ)。

モンブランのセフティフィラーの中でも最も大きいサイズ。

コンディションの良い物は百数十万はする。

なぜこれにしたかと言えば種々理由があるがここでは詳しくお話しできない。

まず、参考資料とするニブが手元に必要である。

うちには無いのでハンブルグの友人に説明し、借りることにした。

2年以上も前のことだ。すでに開発をスタートして2年が経過してしまった。

これから、その道程を書いていくことにしよう。

高価なニブを貸してくれた友に感謝する。

b0215343_00085688.jpg
同じNo.12ニブでも刻印にこれだけの種類がある。

最も古いのは中央のものであろう。

b0215343_00114169.jpg
ボトム形状も丸形、台形色々ある。

セフティ用なので長さの割りにエラの張り出しは少ない。むしろ149のほうが大きいかも。

しかし、このサイズでエラを張らしてしまうとキャップとの干渉を避けなければならず

キャップを太くしなくてはならなくなる。

デザインも醜悪になるのでこの形を参考に図面を起こすことにした。







[PR]
by pencluster | 2014-07-16 00:15 | Going the Distance
<< ニブのデザイン(その3) ニブのデザイン >>



こだわりの美麗ヴィンテージ万年筆を中心に少々深堀してご紹介していきたいと思います。
by pencluster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
切り割り
at 2015-07-01 19:56
発見!ダニッシュ・モンブラン..
at 2015-04-01 18:34
ペンポイント溶着
at 2014-11-11 10:38
ペンポイント (その2)
at 2014-10-20 21:50
ペンポイント
at 2014-09-18 18:16
カテゴリ
全体
Room N0. 146
Going the Distance
新着情報
以前の記事
2015年 07月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 06月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧